トップ  >  大学を受験する

大学を受験する



薬剤師になるためには、国家試験に合格する必要があります。

さらに薬剤師の免許をとるには、薬学部がある大学を卒業しないといけません。

どの大学の薬学部を卒業しても資格は取得できます。


薬学部は、国公立、私立いずれの大学にもあります。

ただ、一般的な大学と同様、私立の方が学費が高くなる傾向にあります。

薬学部は6年制となりましたので、さらに学費の差は大きくなっているはずです。

なので、どうしても学費が厳しいという場合は、国公立の大学を目指すべきでしょう。


私立の大学の良い点は、薬剤師の国家試験の合格率が高い傾向にある点です。

私立大学は、薬剤師の合格率の高さが、入学希望に響いてきます。

ですので、国家試験合格の対策に力をいれる学校が多いのです。


もちろん、国公立の大学でも国家試験に合格できないわけではありませんが、

力を入れる比率が、私立大学に比べると研究などに寄っている傾向にあります。


国家試験にどうしても受かりたいという思いで薬学部を決めるのなら、私立大学の方がよいかもしれませんね。



薬剤師に最適な職場探しの方法



薬剤師に最適な職場探しの方法とは?
そのメリットとデメリットを紹介いたします。
 >>詳細を見る





カテゴリートップ
TOP
次
必要な学力