トップ  >  就職面接はどんな話をする?
Q.薬剤師の就職面接はどんな話をする?

A・薬剤師としてスキルの話の他に、コミにケーションスキルも問われます


薬剤師という資格をもっているとはいえ、面接に関しては普通の就職の面接と大差はありません。

まず、どのようなスキルを持っているか、今までどんな職についていたのか、経験年数はどのくらいなのか、

といったところが雇用側にとっては気にするところです。

この辺りは、履歴書に記載する項目でもありますので、あえて面接で聞かれないかもしれません。

過去の職やスキルについて問われた場合、どんな事に力をいれてきたか、どこがアピールポイントだったかは

言えるようにしておいたほうがよいでしょう。


薬局や病院、ドラッグストアなど患者さんと直接話すことがある職の面接の場合は特に、雇用者側は

コミュニケーションスキルがあるかを見極めようとします。

あえて取り繕ったりせず、ありのままで話をするのが一番だと思いますが、相手に失礼にはならないように

話をするのが基本です。


また、この職に就いてチャレンジしたいことなどを伝えると、アピールポイントになると思います。

事前に職場を調べて、自分にできそうな事は何なのかを考えておくとよいでしょう。



薬剤師に最適な職場探しの方法



薬剤師に最適な職場探しの方法であるコンサルティングサービスとは?
そのメリットとデメリットを紹介いたします。
 >>詳細を見る






前
託児所のある病院への転職は可能?
カテゴリートップ
TOP
次
転職支援サービスは安心?