トップ  >  給料一例

給料一例


薬剤師の給料の一例をあげてみましょう。

ドラッグストアの大手チェーンであるマツモトキヨシ。

マツモトキヨシのホームページには、薬剤師職の給料が記載されていますので、ここから色々と推察してみます。


まず、マツモトキヨシのホームページによると、薬剤師職の初年度の年収モデルケースは、465万円とのこと。

※プロフェッショナルクルーという職についた場合

一般的な大学院卒の初年度の平均年収が400万円ぐらいですので、一般よりは高めに設定されているといえるでしょう。

また、薬剤師兼店長で年収は700万円、薬剤師職課長で年収1,100万円が、マツモトキヨシでのモデルケースだそうです。

店長は20代後半からなれるでしょうし、課長職も30代後半〜40代でなれると考えると、悪い給料ではなさそうに思えます。

また、薬剤師職のパート・アルバイトは時給2,000円程度となっていて、勤務日数は週2日以上/1日3時間以上を要望されるようです。

給料面で言っても、勤務日数面で言っても、薬剤師職の待遇は良いと言えそうです。


一般的な職に比べると、薬剤師は給料や待遇面では優遇されていると考えてもよいと思います。

ただ、これらの給料や待遇が良いと思うのか、悪いと思うのかは、価値観によるかと思います。

価値観ということで言えば、給料面だけではなく、勤め先が自分にあっているかどうか、といった価値観もあります。

どれだけ高い給料をもらっても、幸せに働けなければ意味はなさないと思います。


給料面はもちろんのこと、色んな面を考えて、職場を決めていきましょう。

専用のコンサルティングがサポートしてくれるこちらのサービスを試してみるのもよいですね。


薬剤師に最適な職場探しの方法



薬剤師に最適な職場探しの方法であるコンサルティングサービスとは?
そのメリットとデメリットを紹介いたします。
 >>詳細を見る




前
薬剤師の年収
カテゴリートップ
TOP