トップ  >  紹介で職場を探す

大学からの推薦や知人からの紹介で職場を探す


薬剤師の職場を探す方法について考えてみます。

まずは、大学からの推薦や知人からの紹介で職場を教えてもらうケースについてです。

薬剤師の免許をとるためには、薬科大学に通います。

大学によっては、企業や薬局を紹介してくれる場合があります。

また、大学の教授と親しい企業に推薦してくれるケースもあるでしょう。

薬剤師の知り合いから職場を紹介してもらう、ということもよくあるケースです。


こういった、推薦や紹介で職場を決める際のメリットは、

・職場のことが事前にある程度わかる
・競争率が高くないケースが多い

といったところがあげられます。


逆にデメリットは、

・職場の地域の希望がしにくい
・希望する職種などの要望を言いにくい
・給料の交渉がしにくい
・雇用形態の要望がしにくい

といったところとなります。


薬剤師の仕事がわかっていない場合、勉強のために推薦や紹介で職場を決めるのもよいと思いますが、

キャリアアップを目指す場合や、より待遇のいい職を探す場合、勤務時間に制限があるといった場合

紹介に頼らず自分で職場を探した方がよいかもしれませんね。


カテゴリートップ
TOP
次
求人広告から探す