トップ  >  官公庁での勤務のポイント

官公庁での勤務のポイント


薬剤師は官公庁でも勤務しています。

国立や独立法人などの研究機関勤務、厚生労働省などの職員といった職が該当します。

税関の麻薬関係の仕事に薬剤師が配属されることもあります。

一般的に官公庁、独立法人などの研究機関は、定員が少ないことが多く、就職先としては間口が狭いです。

コネがある人や、薬科大学で優秀な成績を修めていた人が勤務するケースが多いようです。

厚生労働省の職員の場合、公務員試験の勉強をする必要もあり、非常に競争率は高いですが、

職員になれれば公務員と同じ扱いで、安定した給料と待遇を受けることができるというメリットがあります。


実際の業務ですが、研究機関勤務の場合、製薬などの薬を作り出す開発業務ではなく、基礎研究を

メインに行うことが多いようです。

厚生労働省勤務の場合、新薬の認証といった業務を行います。


いずれにしても、就職の競争は厳しいですが、いったん職についてしまえば、安定しているという点が特徴です。

また、没頭して研究に取り組みたいといった人には、よい就職先だと思います。

逆に研究に没頭すると、人付き合いと疎遠になる可能性がありますので、積極的に人とコミュニケーション

とりたいという人には向かないかもしれません。


もう1つ、税関などで勤める麻薬検査官について触れておくと、この職は文字通り麻薬のチェックをする職務です。

海外旅行が当たり前になり、麻薬が気軽に買い求められるようになったと言われる昨今。

どんどん注目されていくる仕事といえるかもしれません


薬剤師に最適な職場探しの方法



薬剤師に最適な職場探しの方法であるコンサルティングサービスとは?
そのメリットとデメリットを紹介いたします。
 >>詳細を見る




前
企業に勤務するポイント
カテゴリートップ
TOP