トップ  >  企業に勤務するポイント

企業に勤務するポイント


一般の企業に薬剤師として勤務するケースがあります。

薬剤師は当然ながら薬を取り扱うので、製薬会社には入社することは想像しやすいですね。

もちろん製薬以外の会社にも勤務は可能です。

実際に携わる業務には、様々な職種があります。

主に、研究開発や学術、治験、そして営業といったものが薬剤師の携わる仕事ではないかと思います。


研究開発は、読んで字の如くですね。

薬を合成する方法を考案したり、新薬を開発したりすることを主に行います。

研究開発に携わる人は、薬剤師の資格をもった人でもごく少数といえるでしょう。

大学院や上位薬科大学を出た、優秀な人しか採用しない企業が多いためです。

新薬などの研究開発には多額の資金が使われ、整った環境で研究が行えます。

意欲がある人には生きがいを感じれる業務といえるでしょう。


学術は、海外からの必要な文献を翻訳する業務です。

翻訳してそれを販売する企業もありますが、企業内で活用するために翻訳することもあります。

当然ながら、英語は必須の条件となります。

それも日常会話向けの英語ではなく、専門用語の翻訳が必要となりますので、

それらをカバーできる知識の量も必要となります。

また、読みやすい/わかり易い日本語に翻訳できるかどうかで、評価がかわってくることも多いです。

知識と語学力を生かしたい、という人に向いている作業と言えるでしょう。



治験というのは聞きなれないかもしれません。

厚生労働省に認可して欲しい薬を、試すことを治験といいます。

希望する人や、患者さんに、その薬を試してもらう仕事になります。

この治験は、薬剤師の業務として行われます。

治験で得たデータは、厚生労働省の認可認定のために使われます。

上記2つの業種に比べると、なり手が少ないので採用はされ易い言えるでしょう。



営業は、自社の薬を医者さんに説明や販売する仕事です。

MR(Medical Representative)と言われます。

自社の薬の知識はもちろん必要ですが、他社の同類の薬を把握しておく必要もあります。

大きな病院から小さな開業医まで、様々な医師先に伺う必要がありますので、

コミュニケーション能力は必須といえるでしょう。

また、薬を運ぶことが多いので、車の免許は持っておいた方がよいケースが多いです。

通常の営業と同じでノルマが課される企業もあり、ハードではありますが、

デスクワークや調剤室にこもるより、外に出たいという人には向いているでしょう。


薬剤師に最適な職場探しの方法



薬剤師に最適な職場探しの方法であるコンサルティングサービスとは?
そのメリットとデメリットを紹介いたします。
 >>詳細を見る





前
ドラッグストアでの勤務のポイント
カテゴリートップ
TOP
次
官公庁での勤務のポイント