トップ  >  ドラッグストアでの勤務のポイント

ドラッグストアでの勤務のポイント


最近はいたるところで目にするようになったドラッグストア。

薬だけではなく、色んなものが売っていてとても便利ですね。

ドラッグストアは薬を取り扱っているだけに、店舗毎に薬剤師を雇用している必要があります。

ただ、店員さんが必ず薬剤師かというと、そういうわけではありません。

白衣姿の人でも実はアルバイトだったりします。

実際にドラッグストア1店舗に雇われている薬剤師の人数は2、3人でしょう。


ドラッグストアに勤める薬剤師の仕事ですが、調剤をおこなうドラッグストアでは調剤を行います。

その他に、市薬品を売ったり、ドラッグストアで扱っている商品の説明や、レジ打ちと、

普通の販売員と変わらない業務もしたりします。

「薬剤師=調剤する人」というイメージとはちょっと違うかもしれません。


そんなドラッグストア勤務ですが、メリットとしては、薬だけではなく色んな商品に触れることができる、

色んなお客さんや業者さんと話ができるといった点があげられます。

また、薬剤師は通常の販売員と比べると、給料が多いのでこの点もメリットといえるでしょう。


デメリットとしては、薬についての情報に疎くなりやすい、雑務に追われることになる可能性がある、

といった点でしょうか。


調剤薬局や病院勤務で調剤をすると、当然ながら薬を間違えられない責任がつきまといます。

そういった責任がかかる業務に向いていないという人や、客商売の方が向いているという人には、

ドラッグストアでの勤務は向いていると思います。


薬剤師に最適な職場探しの方法



薬剤師に最適な職場探しの方法であるコンサルティングサービスとは?
そのメリットとデメリットを紹介いたします。
 >>詳細を見る



前
病院勤務のポイント
カテゴリートップ
TOP
次
企業に勤務するポイント