トップ  >  病院勤務のポイント

病院勤務のポイント


薬局だけではなく、病院にも薬剤師は勤務しています。

大きな病院になると、薬剤師は必ず必要な存在になります。

病院での薬剤師の仕事は、大きく分けると、調剤と服薬指導に分かれます。

調剤はよく知られるように、薬を処方箋どおり作ることです。

調剤するだけなら調剤薬局と同じですが、病院特有の業務として、

注射剤の調剤を行うことや、それを病棟に運ぶといった仕事があります。

薬を運びはしますが、患者さんに薬を投与するのは看護師の仕事となっており、

薬剤師は行えません。

また、透析のある病院では、クリーンルームでの調剤作業といったこともあります。



次いで服薬指導。

こちらも調剤薬局でも患者さんに薬を渡す際に行いますが、入院患者に行うという点で、

調剤薬局とは異なります。

病棟の患者さんの元に赴き、飲み方を説明したりします。


病院での勤務のメリットとしては、色んな種類の科があることが多いので、非常に勉強になる点です。

大きな病院には、製薬会社の方が頻繁にこられるので、新しい情報を仕入れやすいという点も、

勉強熱心の方にはよいでしょう。


大学病院などの病院では看護師と同様に薬剤師も夜勤を行う必要があるので、その点は人によっては

デメリットといえるかもしれません。(夜勤の方がよいという方にはメリットですが)


調剤薬局勤務にも言えますが、医師や看護師、患者さんといった色んな人とコミュニケーションをとる

必要がありますので、積極的にコミュニケーションをとれるタイプなのかどうかで、病院で勤務するかを

考えてもよいかもしれませんね。



薬剤師に最適な職場探しの方法



薬剤師に最適な職場探しの方法であるコンサルティングサービスとは?
そのメリットとデメリットを紹介いたします。
 >>詳細を見る




前
薬局勤務のポイント
カテゴリートップ
TOP
次
ドラッグストアでの勤務のポイント